読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北原みのり「『安倍さん的なゲス』の空気」 >

北原 みのり(きたはら みのり、1970年(昭和45年)11月24日 - )は、日本の著作家、運動家。アダルトグッズショップ『ラブピースクラブ』代表[1]。本名、渡辺みのり[2]。

目次 [非表示]

1 人物 1.1 経歴

1.2 出来事

1.3 主義・主張

1.4 政治的主張

1.5 わいせつ物陳列罪

1.6 韓流ファン

2 著書 2.1 共著

3 脚注

4 外部リンク

人物[編集]

経歴[編集]

1970年(昭和45年)、神奈川県生まれ。3歳まで横浜市鶴見区で育ち、その後は千葉県に転居した。津田塾大学学芸学部国際関係学科を卒業後に日本女子大学大学院で教育心理学を専攻し[3]、性教育を研究した。同大学院は中退後、出版社でのアルバイト、雑誌編集やフリーライター職などを経験[3]。1995年(平成7年)、友人とともに、ホームページ製作会社を設立した。同職を通してインターネット情報に触れるうちに、海外製女性向け大人のおもちゃに開眼する[3]。

1996年(平成8年)、女性向けのアダルトグッズショップ 『ラブピースクラブ』を設立するが、これは日本において女性が経営するアダルトグッズショップの第一号であったともされる[3]。同年には、「指にはめるバイブレーター」、『Pラビア』を発売している。

2006年(平成18年)、1996年(平成8年)よりレズビアン商業雑誌『アニース(anise)』にて掲載されている、天宮沙江の漫画の映画化作品『プリカちゃん』をプロデュースしている。

2011年 (平成23年)、靖国神社にて全裸パフォーマンス[4]。

2014年 (平成26年)、12月3日、自身の女性器の3Dデータを配布した疑いで逮捕されたろくでなし子に関して、北原のアダルトショップでろくでなし子の女性器の石膏型を展示していたことにより、わいせつ物公然陳列の疑いで警視庁保安課に逮捕された[5][6]。北原は当初は黙秘していたが、その後容疑を認めたという[7][8][9]。検察の勾留請求を裁判所が却下したため、北原は同月6日に釈放された[8]。検察は同月24日に北原をわいせつ物陳列罪で略式起訴し、裁判所は罰金30万円の略式命令を出した[9]。

2015年(平成27年)、パレスチナ問題に詳しいフリージャーナリストの土井敏邦が、朝鮮人従軍慰安婦に関する『記憶と生きる』と称するドキュメンタリー映画をリリースした際に、北原はその映画に関して「歴史が薄っぺらい紙のように語られてしまう危険な時代だからこそ、今観るべき貴重な作品だ。語りたくないこと、語れないこと、語ろうとすると涙が止まらなくなる様。「言葉」では描かれない、紙に書きようのない「証言」がここにはある。」とメッセージを送り[10]、土井とともにトークショーを行った[11]。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%8E%9F%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%8A

北原みのり「『安倍さん的なゲス』の空気」

dot .

18 時間前

異母兄弟の関係にあたる金正男(左)と金正恩(右)。(時事通信フォト=写真)

正男氏暗殺指令、実はなかったか

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、安倍晋三首相の態度から心根が「ゲス」だと感じたという。

*  *  *

 私はハッキリと、安倍さんはゲスだと思った。3月28日の参院決算委員会で辻元清美衆院議員の名前を出してきたときだ。

 総理に失礼があってはいけないと、「ゲス」を一応、大辞林で調べた。「品性が下劣なこと」とあった。さらに「下劣」を調べると、「他人に対して守るべき節度を欠いていること」とあった。なので、「ゲス」で大丈夫でしょう。安倍さんは、野党女性議員に対する態度に問題がある。

 産経新聞は3月28日の紙面で、辻元議員に関して「3つの『疑惑』」という扇情的なタイトルをつけた記事を掲載した。籠池諄子氏が昭恵氏に送ったメールを根拠にした内容だった。

「将棋連盟から指導棋士の将号を返上しないと幼稚園にいくならやめよと言わないがやめて辻元清美が幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました嘘の証言した男は辻元と仲良しの関西生コンの人間でしたさしむけたようです」(原文ママ

 主語も句読点もない部外者には難しい文章。こういう文体でやりとりするには共有する価値が必要だ。一連のメールの中には「辻元清美共産党今はぐっと辛抱です(笑)」なんてのもあったが、彼女たちにとって「辻元さん的なもの」はツーカーでわかりあえるナニカだったはずだ。

 産経新聞は事実確認の取材をせずに「疑惑」として報じた(冷静になれよ! 国会議員が「侵入」する必要ありますか?)。その記事をもとに、安倍総理は、森友学園の一連の不誠実な対応を民進党の議員に問い詰められた時、

北原氏は、安倍晋三首相の態度から心根が「ゲス」だと感じたという(※写真はイメージ) dot. 北原氏は、安倍晋三首相の態度から心根が「ゲス」だと感じたという(※写真はイメージ)

「御党の辻元議員との間にも同じことが起こっているじゃないですか」

 と、辻元氏の名前を出したのだった。

 もしこれが、共産党の小池さんを名指ししたのであれば、わはは自民党って小せぇ!と噴き出したかもしれない。だけど、何故だろう、辻元さんの名前が総理の口から出た時、全身をねばねばした膜に覆われたような、不気味に重たい気持ちになった。この人は今、悪意をエサにして「辻元さん的なもの」を叩いて溜飲を下げたくてたまらない人に向けて、言葉を発している。批判の矛先が変わることを狙ってる。権力のあり方を真摯に自省するつもりは一切ないのだ。

「辻元さん的なもの」、それはリアル辻元さんとは全く無関係で、ある種の人たちの妄想の中で生息している「権利を主張する女」である。そういう女に対して、ある種、ショーのように、自らの論理破綻すら厭わずに力尽くの嘲笑で、「彼女」を侮辱してきたのが「安倍さん的なゲス」だ。嘲笑するほど、自分の論理破綻や矛盾がなかったことになるかのように、堂々とからかう。これまでも安倍総理の辻元氏に対する「早く質問しろよ」発言や嘲笑は、見るに堪えなかったが、総理のその態度に盛り上がる空気が、この社会にはある。総理のお友達や妻等も、「辻元さん的なもの」を記号のように共有し、叩いて絆を深めていったのだろう。

 いったいいつまで、こんなゲスにつきあわなくてはいけないのか。

週刊朝日  2017年4月14日号

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%8c%97%e5%8e%9f%e3%81%bf%e3%81%ae%e3%82%8a%e3%80%8c%e3%80%8e%e5%ae%89%e5%80%8d%e3%81%95%e3%82%93%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%82%b2%e3%82%b9%e3%80%8f%e3%81%ae%e7%a9%ba%e6%b0%97%e3%80%8d/ar-BBzvcIK?ocid=SKY2DHP#page=2