読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現行メディア

信頼失う新聞・テレビは滅ぶのか 池上彰さんが「楽観できない」と語る理由

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00010001-bfj-pol&p=4

「ニュースに関しては、知りたくないことでも、伝えなければいけないことは伝えるという風にやってきた。そこが信用された」

その信頼性が、ネットの登場によって崩れたと見る。

「ネットには新聞やテレビで報じられていないことが出る。『大新聞やテレビ局が報じない真実』という、昔の週刊誌のような見出しで。『ネットにしか出ていない。本当はこうだったんだ。新聞やテレビは隠している』という誤解が広がり、ネットの方が信頼できると感じる人が増える」

-----

例えば、まさに池上彰さん本人が最近派手にやらかした件

-----

池上彰が日本の貧困を深刻に見せるためにインチキグラフを使っている

http://netgeek.biz/archives/89232

-----

確かに現行メディア側の情報に嘘は無いですね。ただ、グラフの目盛りを変えて、いかにも日本の貧困が深刻だと思わせるような恣意的な報道ですよね。

現行メディアは、このような「都合よく見せる為のトリック」と、都合の良い部分しか報道しない(恣意的に発言を切り取る)いわゆる「報道しない自由」を頻繁に行っています。

-----

現行メディア:情報は正確。但し伝える情報は恣意的、作為的

ネット   :情報は玉石混合。但しあらゆる情報を自分で閲覧し取捨選択可能

-----

ネットの方が信頼できる(と、誤解されている)からではなく、現行メディアは判断する情報すら全部伝えていないから、信頼しようがなくなってしまった。と、いう現実に早く気づかないと、どこぞの野党第一党のようになりますよ・・・・・・

まずは、バー○ニング系列の芸能人のスキャンダルを報道するとこから始めましょうか