読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『第三のチンパンジー』

ジャレド・ダイアモンドの『若い読者のための第三のチンパンジー』(草思社)を読みました。

人間とはどういうものなのか? 様々な領域の学問を駆使しながら考え続けている著者が、第一作『人間はどこまでチンパンジーか?』を、最新の情報を取り入れてリライトした作品。これまでに読んだことのある著者の作品、『銃・病原菌・鉄』『文明崩壊』『昨日までの世界』のテーマがコンパクトにまとまっており、あらためて考えることができて楽しめました。若い読者だけでなく、多くの人にお勧めできます。