読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直虎おもしろいよの会・その3

スイッチ入っちゃったので、もうちょっと書く。

第16回から。

■今週のまーくん

ひとまず先週、「俺のおとわが今川に殺されちゃう!ヤバい!どうしよう!」って、さすがの政次さんも余裕なくなって「おとわ愛してる」がダダ漏れになってたのが、一旦リセットできたらしくてよかったです(よかったのか?)。おとわの命の危機が去った今週は、むしろもう余裕しゃくしゃくで嫌われ者に徹していたまーくん。高橋一生さんの無表情プレイ量産っぷりと言ったら、どんだけ無表情のバリエーションあるの。

すっごい能面顔で、小心者のろくざを脅す。雑巾でろくざのお顔を丁寧に拭いてさしあげちゃうまーくん。こっわ!ろくざ完全にビビってる!笑

ろくざから直虎ちゃんの居場所を聞き出し、先回りして茶屋でしれっとお茶飲んでる律儀なまーくん。「あ−でもないこーでもない」と、しょうもない知恵しか出てこない直虎ちゃんに、背後からさりげなく、冷たい無表情でアドバイス。「え!なんでおまえがここにいてるの!」って、びっくりな直虎ちゃん。大嫌いな政次のアドバイスなんか聞きたくないのに、めくるめく名案でした。「労少なくして得るもの多し」。さっすがまーくん、あったまい〜〜!ワンポイントアドバスしたらさっさと茶屋を去る政次。自分の案を採用して楽しくミュージカルやってる直虎ちゃんたちを振り返りつつ、嬉しそうなまぶしそうな、けど無表情、という高橋一生テク。それにしても、こんなにわかりやすく助けてあげてるのに、直虎ちゃんの鈍感さは、まさにヘビー級。。。

■ナイスアシストな和尚さま

政次さんの助言大作戦のおかげで、井伊には人がいっぱい。これで荒れた農地が耕せる!!でも直虎ちゃんはウジウジ。「私より政次の方が頭がいい。私は結局政次にかなわない。」ウジウジ。そこへ酔っ払い和尚(いい味出してる小林薫さん)登場。「ん?知恵がないんなら、借りればいいんじゃね?」らりほ〜。言うだけ言ったら千鳥足で去る酔っ払い。おーい、和尚さん、威厳忘れてますよ!笑。「政次さんに相談してみたら」っていう側近たちの言葉は絶対に受け入れられないけど、和尚さまの言葉なら心にしみちゃう直虎ちゃん。そこが和尚クオリティー。

意固地な直虎ちゃんに、「政次の知恵を借りてみる」という絶対なかった選択肢が生まれましたね!(いやいやだけどね。)いやはやお見事。和尚さまナイスアシストでございました。こうして殿さまも、日々成長をしてゆくのですね。

■今週のハイライト

今週のハイライトは、「政次さまのあったかい笑顔」(一瞬)でした。笑顔といえば今川にへつらうときだけで、あったかい表情なんて何週間ぶりに見るのかすでにわからなくなっている視聴者。ひさしぶりのまーくんの笑顔、貴重過ぎて目がつぶれそうでした。ま、まぶしすぎる。

甥っ子亥之助の成長が愛しく、ついうっかり心からの笑顔をもらしてしまう政次さん。「あ、おれとしたことが」みたいにあわてて無表情を繕ってますが、だいじょうぶ、なっちゃんは全部わかってくれてるよ、まーくん。。

小野のおうちに帰ってきたなっちゃんに、「え。なんでいてるの。」と、びっくりしてる政次さん。「私はここであなたをサポートしたいんです。」と、はっきり言わなくても、ちゃんと通じ合っているふたり。な、なんだこの空気感は。「・・・ここにいたら風当たりが強くなるよ」と、なっちゃんを気遣うまーくん。「そんなの、もとよりのこと。いっそお役目の励みがいがあるというものです。」・・・・なつさま、神々しすぎる。これが女神でなくて何なのだ。こんなことされたら政次さまの瞳もうるむわ。

もういっそ、なっちゃんを嫁にしてしまえーーーー、と思ってしまうのは、私だけではないはず。弟の嫁だけど、弟はずーーーっと前に死んじゃってるんだし、再嫁できるよね。むしろ、なっちゃんとまーくんの空気感こそが愛でしょーよ。

お仕事で冷血完全武装してる政次さんが、なっちゃんを前にしたら、いっぱつで笑ったり泣いたりできてしまう。なっちゃんのあったかさで、まーくん溶けちゃいそうじゃないの。なにも言わなくても、互いの尊敬や信頼が伝わっていることひしひし。こんな女神が一緒に住んでんのに、何の因果で決して報われない初恋にとらわれてしまっているのか、なんかもうちょっとわかんなくなっちゃうよ。まーくんマゾすぎる。(まーわかるんだけどね。)

■次週へ

・親会社の会長が倒れ、親会社危機!会長のバカ息子が暴走するかも。この隙をついて武田くんが攻めてくるかも。井伊は確実に巻き込まれる。さあ、どうする政次。めっちゃ頭フル回転でいっぱい考えてる政次さんの絵で、次回へ続く。

・そろそろ、政次捨て身の「自分が人柱大作戦」が始動することも念頭に、強き心の準備を怠りなくしておく必要がある視聴者。

・この無鉄砲な殿さまに、鉄砲なんて物騒なものを持ち込んだのはどこのだれだ。

・裸の変態イケメンは、いったいどこのポジションに就任するのでしょう。

乞うご期待。

おわり。