読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみの

ガンダムを創った男たち

面白かったです

かなり脚色されてるみたいですが

アニメの制作者側の話って、下手したらアニメ本編より面白かったりするんですよねえ

個性的な面々の群像劇だったり

時代の流れや運命の妙をがあったり

西崎義展を希代の興業師としてトリトン劇場上映エピソードが描かれてたり、ガンダム映画上映イベントでとんでもない人数が押し寄せたって話は初耳で良かったです

作品の性質上、前後の他の会社の作品、当時の全体的な社会の空気など広くは描かれてないので、実際はどんなムーブメントの中から出てきたかというのはリアルタイムじゃない世代には解りにくいかなと。

そこは仕方ないですけど