読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は何処へ?

今日は先週、満員で行けなかった狭山池博物館へ。

狭山池は日本最古のダム式人工池です。

時は今から約1400年前の飛鳥時代

木製の樋管(ひかん)を設置したため、年輪年代測定法により推古24年築造と推定される。

先週の友達さんの指摘どおり、建物は安藤忠雄氏の設計。

この博物館、入口は屋上からで、入口前に滝のように水が流れています。

2階の入口を入ると狭山池の堤防の断面が展示されている。それもレプリカじゃ無くて本物を特殊加工をして。そのしたには江戸時代の高野槙の樋(重文)が、この堤防を行基が、重源が、片桐且元が改修した狭山池の歴史がよく判ります。

面白い、来て良かった。