読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリッドローラーとストレッチポール。

最近毎日愛用のグリッドローラーとストレッチポール。

最近流行っている筋膜リリースとやらに使います。

よくアスリートが使っているのをニュースでみますね。

わたしは万年肩凝り、腰の痛みに長年悩んでいるのですが、実は身体は凄く柔らかいのです。

昔ダンスをかなりきちんとやっていたこともありますし、当然歌の練習の最初は発声練習からで、まずストレッチで身体をほぐして、温めて、チューニングしてから、で、身体が柔らかいのになぁ…おかしいなぁ…と思っていたのですが…

奥山さんが頸椎ヘルニアを一番始めに疑ってたときに、やはり心配して凄く自分も調べたのですが、身体が柔らかいからといって、安心できない、という事実を知り、なるほどーでした。

要は、伸ばしたまま、戻す筋力がない、という状態だから、肩凝り等も治らないわけです。

わたしはヘルニアはないので、まずグリッドローラーを購入しました。

場所もとらないし、慣れたら凄く簡単で効果的です。

ヘルニアがある方は、グリッドローラーは首や腹筋、腕をホールドする必要があるので、おすすめしません。

ない方は、腹筋運動にもちょっとなるので(ダイエット効果を謳うサイトもありますが、それはわからないなー)こちらがおすすめ。

背骨、側近筋、脇のリンパ腺、二の腕、鎖骨回り、腰、足、お尻、首、全てゆっくり優しくグリグリします。

痛いポイント(トリガーポイントというそうです)は、まず身体の重みで押さえ、ゆっくりグリグリします。

わたしは左の腰の付け根に激痛が走るので、身体が歪み、ヒールの圧なんかで、ここに来てるんだろうな、とわかります。

ストレッチポールは、ライブ飛ばして迷惑かけたから、と、初めて奥山さんにプレゼントを貰いました(笑)11年お付き合いありますが、初プレゼント(一応誕生日プレゼントの意味合いもあるらしい)がストレッチポール(笑)

グリッドローラーに慣れていると、ストレッチポールの優しさに物足りなさは感じてしまうのですが、あたまから腰までホールドできるので、肩甲骨を無理なく可動域を広げられるし、股関節の付け根を伸ばしたり、全体を無理なく伸ばしたり緩めたりできます。

なので、毎日グリッドローラーでグリグリほぐして、ストレッチポールで解放しています。

効果は、あります。

まず発声前にやると、チューニングが早いし、肩凝りも腰も、少し楽です。

なにより気持ち良いし、体幹を意識しながら緩和するので、寝つきがよいです。

ぜひおすすめです。

楽器をやられている方、デスクワークでつらい方、色んな方によいと思います。

比較的安価で場所も時間もとらないので、騙されたと思ってぜひ。

さつき